田村っちの釣り講習会

2010.6.30 ひ弱なオバサンでもできる初心者むけの釣りを教えて、ね、田村店長

おねだり(脅し)おとして、昨日、20数年ぶりに海釣り行ってみました。

DSCN0524 1_1 DSCN0525 1_17時半出港。前日は激しく降りましたが、朝は曇天ながら雨脚がとだえ、ラッキーでした。先ずはがんね付近に。GPS漁探で17mあたりの砂地でキスを狙います。



DSCN0528 1_1 DSCN0527 1_1仕掛けはてんびん。餌はゴカイ。リールはベイトリール。流れが速いので糸が流れます。重りを重くします。「親指で糸を軽く押さえながらね」。「底にあたったら、ちょっとあげてね」。数分あたりがなく、移動。


DSCN0531 1_1 DSCN0540 1_1小黒の北側へ。ここも数分あたりなし。東側へ移動。水深20~30mで5,6回場所を変えながらキスを。底どりをしながら何故か小イワシをゲットでリリース。ここは砂地と岩の組み合わせで底が複雑なのでよく魚がくるとか。すぐに田村店長の竿にキスが順調にかかってき始めましたでも、私の竿はぴくりともしない


DSCN0545 1_1「底をちゃんと確かめて、20センチぐらい浮かして、そのままで」「ときどき地形にあわせて糸を出したり、巻いたりしてね」で、再度挑戦。
あっあがりましたぁあ
釣れるとゲンキンなもので、それまでゴカイをみては「きゃ!」、触っては「ぎゃ!」だったのが、ゴカイの首をぎゅっと押さえこんで、お口にぐいぐい針を突っ込む、釣り上げたキスが「きゅっ」と可愛く、切なく鳴いても、針をぐいっと引っこ抜いて、いけすに放り込む!全然平気になりました。


DSCN0541 1_1 DSCN0547 1_1風がもっと強くなったので、がんねの北側へ。手ごたえはあるのですが、餌をとられること4回。「キスは小口で歯がとがっているから、ちょっとづつ食べて、最後は噛み切って逃げるんよ」。でも小黒のキスはちゃんと針まで飲み込んでっくれたのに。ここのキスは「釣られ」経験が豊かでしたたかなのかしら。でも田村店長の竿には小刻みにキスがかかってくる・・・。「しゃくってあげてごらん」。でも、逃げられましたが・・・。


DSCN0551 1_1水深17~30mを流れが速いので、小刻みにエンジンをかけてもどりながら、釣ります。GPS漁探にイワシの影が。今度はメバルサビキ釣りを。田村店長は漁探をみながら、大岩まで接近しては離れるの船の操作と「いまだ!」の掛け声に徹して、もっぱら私が。「底から20センチあたりをゆっくりと動かして誘って」。途中イワシがかかって、がっかりもありましたが、結構釣れました。


DSCN0552 1_1途中、貨物船が近くを通り、行きすぎてちょっとしてから、「くるよ」って?あっと大揺れ、オバサンは転がりました。「店長、落ちたら、釣り上げてくれる?」「今日一番の大物(太物)ですね」ホント、とっさに押さえてくれて、海中乱入にはいたらなかったですが
風もひどくなったので、1時20分に終えて寄港です。


DSCN0554 1_1「こんなちっちゃいの、釣ったんかぁ?!」と戸田っち。海では30センチあったのに、どーーーして小さくなったのぉ?海では大きくみえました・・・。チダイ、トラハゼ、メバル、キスです。


DSCN0558_1_1.jpg煮るともっと小さくなりましたが・・・。メバル小さくても、身がしっとりと甘くて美味しい!キスは塩焼きでポン酢をかけていただきました。田村店長はキスの天ぷらと軽く塩をして、冷蔵庫で一晩乾燥、あぶってビールのおつまみ

おんぶにだっこ状態の釣りを満喫。今度は竿は鯛釣り用のよくしなるものを用意しておくので、鯛釣りに連れていってくださいね、田村店長


















[2010/06/30 10:23] 吉島ボートパーク

TOP

  ホーム   次のページ

株式会社デルタマリン

最新記事

カテゴリ

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR